ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 院長ブログ > 肩を痛めた患者さん

肩を痛めた患者さん

12月となりました。

先日、物を棚に持ち上げて肩、頚部を負傷しました。

まぁ、ありがちな極普通の原因です。

 

しかし

 

この患者さんは、四十肩?五十肩?ですか?と質問してきて

不安になっていました。

確かに、痛みにて運動痛や動く範囲も腕を挙げる事なども困難でしたからね。

 

肩が、痛いのには違いがないのですが

四十肩や五十肩と勘違いして

肩が、固まってしまい動かさなければならないとイメージして貰って困ります。

 

実際に肩を回そうとしていたみたいですが、痛くて出来ない、、、みたいな状態でした。

 

この患者さん場合は

急激に上肢を挙げた事により筋肉群を痛めたので

温めたり動かしたり揉んだりする四十肩の対応は、好ましくないです。

と、言うか、、駄目です。

悪化します。

以上の様な説明をしてアイシングや治療をして安静保持を指導して帰宅されました。

翌日の来院時には、かなり、良好となっておりました。

まだまだ、痛めた損傷した筋肉群は、治るのには時間必要ですから

頑張って治しましょう、、、と言う段階です。

 

付け加えれば

大まかに言えば、ザックリ言えば

この後に時間経過して、肩関節の動きが悪くなったりすれば

四十肩 五十肩となっていくとイメージ下さい。

 

とにかく

ありきたりな言い方ですが

痛めたら早めの来院をしてみて下さい。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

カテゴリー:院長ブログ

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ