ページの先頭です

症状の一覧

骨端症

骨が形成されてない小児の病気です。(成人の場合もあります)成長期の骨の端の部分の無腐壊死を生じ成長期の負荷や繰り返し運動をして生じる疾患の総称です。

ペルテス病   「股関節」大腿骨の骨頭。股関節の付け根の部分が、扁平、変形壊死などになります。

5~10歳の男子、片側に発症多い。疼痛 ハ行と呼ばれる歩行障害

 

オスグットシュラッター病  膝のお皿の下5センチ位の出っ張った部分に、お皿を覆って通り筋肉靭帯が付着する。その部分に成長期に

ジャンプ、ランニングなどの運動で負荷がかかり離脱する病です。

 

第一ケーラー病    足の舟状骨の無腐壊死 症状は圧痛 腫れ。安静と固定必要

 

子供に多いのは、ざぁーっとこんな感じです。とにかく、運動休むことです。

 

カテゴリー:症状

ドゲルバン病

手首の親指側の腱鞘炎をドゲルバン病と言います。

手を広げる動作、じゃんけんの「パー」をしたような手の形にすると手首の親指部分に筋が張って2本の線が、浮き上がって見えます。

その下を通過する腱の腱鞘におこる。この腱鞘に2本(種類)の腱が通っていて、これらの腱と腱鞘が、こすれたりして炎症を起こし、

手首の親指の部分が、腫れたり痛んだりしたり、パーの動作親指広げる動作が、つらいのはドゲルバン病の疑いありと言われています。

 

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112

 

カテゴリー:症状

野球肩

野球肩の原因は、ボールを投げて、または、投げるような動作し肩に激痛走りボールが投げられなくなった場合。

もうひとつの原因は、使いすぎのオーバーユースによる障害。

野球肩は、この使いすぎによる原因が、圧倒的です

野球肩の予防は

正しい投げ方を習得することが、第一です。

投げすぎない。または、投げさせすぎない。

投球動作のストレスや負担に勝てる丈夫な肩をつくること。

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

カテゴリー:症状

腱鞘炎

腱鞘炎は、指手を長い時間酷使する人に多いです。女性に多いです。

知っている人も多いと思いますが経後、産後にも腱鞘炎になりやすいです。

腱(スジ)のまわりを取り囲むストロー又はトンネル、刀のサヤを腱鞘と思って下さい。ストローの腱鞘の中を通るスジの腱が、通りにくくなり

痛み出すのが、腱鞘炎です。

ばね指とは、腱とそれを包む腱鞘が擦れて炎症起き痛みます。 指伸ばす時にばねの様に伸び曲げにくいです。親指、中指、くすり指などの

指の付け根に発症しやすいです。

 

金子整骨院 川口市本蓮1-16-12 Tel 048-286-3112

 

カテゴリー:症状

腰部脊柱管狭窄症

私はこの狭窄症についても、かなり早めに分類、症状など聞いていたと思います。

まず、間欠跛行とは、歩き始めは問題なくても、しばらく歩くとシビレや痛み出て歩けなくなるが、腰を曲げ休憩すると症状和らぎまた歩ける。ことです。

60歳以上。

シビレ、痛みは、両脚側に出ている。

歩行のみならず、しばらく立っているだけでも、太もも~ふくらはぎ、スネにかけてシビレや痛みでる。

両足裏側に特有のシビレみたいな?のが出る。トイレの回数も注意。などなど。。

狭窄症3タイプありますが、面倒な脊柱の中の神経を圧迫されたタイプのみをザックリ説明しました。

手術適応は、どうなったらか。と、その手術方法はどのタイプが良いのか。。。。。。。。。。。

 

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112

 

カテゴリー:症状

野球肘

野球肘は、内側(手の平を上に向けた状態の肘の内側)多いですが、外側、後ろ側の肘の痛みも含みます。

ボールを投げる動作にて、肘関節の3つの骨が、ぶつかり合ったり腱や筋肉付いている部分に曲げ伸ばし動作繰り返しで発生します。

肘の曲げ伸ばし角度が悪くなった。

肘の痛み3週間以上続いている。引っかかる感じがする。などは、注意です。

投げ過ぎのみが原因でなく、悪いフォーム、肩や股の固い選手。肘のストレッチを毎日しない選手によく見られるらしです。

連投禁止。正しい投げ方。コア筋肉強化。股、肩、肘のストレッチ。イニング数制限。と

基本のアイシィングを心がけて下さい。キャリア終わらせないために。。。。。。。。。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112

カテゴリー:症状

膝の水 

膝の水「関節液」たまると、膝が腫れて熱を持つこともあります。階段昇降時の痛みやだるさなどなど。。。。

膝の水は、関節内に少量存在し潤滑油の働きし関節に滑らかさと弾力性あたえ軟骨に栄養与える働きをします。

水のたまる原因は、膝関節内の軟骨や骨の磨り減った「カス」や骨の表面のはがれた「カケラ」が、主な原因といわれています。

そうすると化学物質が放出され尚更悪化します。

水を抜くについては、金子整骨院に来院する患者さんによく言われるのは「膝の水抜くのは怖い」「とにかく注射が怖い」等の理由で

「痛い膝をなんとかして」と。

それこそ、痛い膝を引きずって来院下さいますね。

 

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112

川口草加線を峰・草加方面から来たら右手に「ウエルシア」さん 左手に「そうます」さんを通り越し見沼用水左折下さい。

 

カテゴリー:症状

偏頭痛

セロトニンと言う神経伝達物質の一種が、関係していると言われる頭痛で、頭の血管の拡張とその血管周りの神経が刺激され起こると考えられています。

セロトニンとは、脳内と血液内に存在し、興奮抑え鎮静作用、痛みの認知、気分抑鬱、食や睡眠など生理機能に深く関与するが、血管を収縮させる作用が、偏頭痛に関係しているみたいです。

何らかのストレスでセロトニンが出ると血管収縮し脳内の視覚に関係する血管で起これば「目」の症状が出ると言われています。

セロトニンは、血管周りの神経を過敏にするので、発痛物質、血管の透過性亢進物質をだして血管に軽い炎症を引き起こします。

特に血管透過性亢進物質が、偏頭痛の脈打つような痛みと関係するようで、血管を収縮させるように作用していたセロトニンも流され濃度薄くなります。すると今度は脳の血管が元々の幅より拡がり拡張し、過敏になった周りの神経刺激し血管の拍動を過敏になった血管周りの神経が、感じて「ズキズキ」と脈打つ様な頭痛になるようです。

血管由来の痛み強調される偏頭痛ですが、80%以上の人が、肩こりの辛さありと調査もあります。

では、この(コリ)を柔らかくしてみては、どうかな?と思っています。。。。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112 西沼バス停 4分

カテゴリー:症状

椎間板ヘルニア  

椎間板とは、背骨の間のクッションの役目の髄核が飛び出して、神経を圧迫した状態です。

最近は、と言っても20年前くらいからですが、3ヶ月から半年位で治るので、手術はしない保存療法が主体です。まあ麻痺が、酷ければ手術と言うのが一般論です。

最近やっと排尿障害 膀胱直腸障害まで話しは、出てきたかな。と思ってます。(これについて、もうひとつ大切な事ありますが)

実は、私は、腰専門医と話す機会有り10年前にほとんどのヘルニア理論聞きまくりました。

勿論、自分でも資料を調べまくりました。また、市内の別の腰専門医K先生に紹介状書き、その返事のやり取りで尚いっそう知識を得ました。このK先生とは、私はトラブルありました。しかし、この先生は、いつも助言してくれました。今は県外に勤務されています。

まあ、ヘルニアは痛いですからね。保存療法で数ヶ月様子みるのは苦痛です。

そして、痺れは、回復まで時間を必要とします。

当院では、医学的根拠のあるヘルニアのご説明をするように心がけています。治すは、それからですよね。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112 西沼バス停4分 見沼用水沿い

カテゴリー:症状

寝違え

何らかの原因で、起床時に首および背中部分に疼痛を出て、首の運動制限、首が傾いた状態をいいます。

睡眠中に寝返りの際などに、無理な首の動かし方で首周辺に負担加わり筋肉を痛めた症状です。

原因は、ケースバイケースと思います。

たとえば

朝には、軽い痛みでも少しずつ昼前頃より痛み酷くなる時もあります。小学生などは、朝から首が、痛みで斜めに曲がり伸びなくて、泣きながら来院する子もいます。

 

この寝違えについても急性の痛みにて、温めたり揉まない事です。寝違えは、だいたいは、数日で治りますが早めに治療して、快適な日常生活を送れるようにしたいですよね。

当院では、アイシィングして、治療しますよ。

 

西沼バス停4分 川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112 平日 午後7時30分まで受付

 

カテゴリー:症状

4 / 5先頭345

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ