ページの先頭です

症状の一覧

VDT症候群って、最近言われる症状について

ビジュアル ディスプレイ ターミナルの略です。

 

パソコンや携帯などのディスプレイ(画面)を長い時間 見つづけることで、目、体、精神的に

 

負担かかり支障をきたす。なんてことをいっています。

 

目には、目が疲れる。目が乾く。痛い。しょぼしょぼする。目がかすむ。視力が落ちるなど。。

 

身体には、肩が、凝る。肩、頚、背中、腕、まぁ、指あたりに。。痛み、だるさ、ハリなどが感じられる。

 

精神的には、いらいら不安定感みたいなのを状態に。。。

 

それと、別名は、IT眼症なんてもいわれています。

 

とにかく

 

時代とともに、いろいろとありますね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

新郷農協 徒歩 4分

 

 

カテゴリー:症状

脊柱靭帯骨化症について

これは、ある野球関係者の人が発症した病名ですね。

 

その名のとおり、脊柱はブロックのような椎骨が重なり構成されて出来ています。

 

椎骨は、体部の椎体と羽みたいな突起部の椎弓からなります。この間を脊柱管がとおり

 

神経が通っています。(脊髄)

 

椎体の前は、前縦靭帯。 後ろは、後縦靭帯。椎弓をつなぐのが黄色靭帯。

 

この靭帯が、骨化してしまうことです。

 

頚椎に起こりやすいです。

年齢は、40歳代以上。。

家族に同じ病名のある人がいる人。

糖尿病がある人。

まぁ、いやな統計なんですが。。日本人に多い。。

 

靭帯の骨化あっても症状でない人も多いですが、徐々に症状現れる場合もあります。

 

転倒などの衝撃が原因で悪化をすることがあります。ただしくは、発症のことがあります。

 

一番面倒なのは、この傷病名の脊柱靭帯骨化症と頚椎ヘルニアの合併するのが

 

厄介と思っております。

 

 

 

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

西沼バス停 徒歩4分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

緊急速報。。テニス肘の痛み パートⅡ

以前にもテニス肘をお知らせしましたが。

 

当院でも肘の外側の痛み=テニス肘で通院の患者さん何人かいます。。

 

例えば、テニスやバトミントン、卓球、家事などで右肘の痛みがでてしまって

 

雑巾を絞る時、テニスなどのスポーツなどで。。肘が痛む。

 

と、いうことにて

 

患者さん達は、痛い部位の確認と痛みの度合い等を確認のために

 

痛い肘の外側を。。もし、右肘なら右肘の外側を反対の自分の手の親指にて

 

グリグリ強く圧迫することがあります。

 

というよりも、かなりいます。

 

これは、特に炎症症状ある時は、是非とも止めて下さい。

 

痛いので確認の意味で触りたいのは、人情として分かりますが。。。止めましょう。

 

なぜならば、親指で肘の外側の付け根の筋肉の付着部分を押すことで、痛みを悪化させるからです。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎とは、首の骨が7個からできています。

 

腰のヘルニアと比べて発症年齢は少し高めの40台後半以上に多いとされています。

 

では、頚椎の何番の部分つまり好発部位はというと、負担がたくさん掛かり可動が大きい下位の頚椎に

 

頚椎5/6、6/7番に多くみられます。

 

症状は、首の痛みやコリみたいな感じをうけます。

午前中は、あんがい症状が比較的に軽くても午後から夕方になるにつれて症状が悪くなるのが特徴です。

 

それと

どこの首の神経が圧迫されたかで、現れる症状が違います。まぁ場所「部位」が違いますの方が

理解し易いでしょうか。

 

悪化する動作は

上を向いたり、高い所の棚のもの取ろうとしたり首を反らせる動きをすると圧迫強まり

 

首、肩から腕へシビレ痛み、放散痛が走ります。片方の腕に。。

 

まあこれが、神経根症状です。

 

もうひとつのタイプといいますか、もっと悪くなった状態みたいのがありますが

 

これが、基本的な頚椎のヘルニア考え方でも良いのではないでしょうか。

 

また、次に追加して書きますね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

見沼代親水公園駅 徒歩14分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

坐骨神経痛 梨状筋症候群

梨状筋とは?どこにあるのでしょうか?聞きなれませんよね。

 

その場所は、臀部つまりお尻です。

 

梨状筋は、仙骨と大腿骨につながる筋肉です。

 

坐骨神経は、腰及び仙骨の神経が束になった神経です。

 

この坐骨神経は、お尻のところの梨状筋の下を通り太腿の裏を通ります。

 

この梨状筋の部分で神経の圧迫、絞扼されておこります。または、梨状筋の拘縮と言われています。

 

それがあると、臀部から太腿の後面にかけて痛み、シビレ感、感覚異常の症状が出やすくなる。と。

 

けっこう、この梨状筋症候群にての坐骨神経痛は多いですよ。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

ぎっくり腰 急な腰の痛みについて。。

この急性腰痛。ぎっくり腰について

 

巷では、いろいろと言われておりますね。

 

まぁまぁ、そんなぎっくり腰。。いつ起こるかこの痛みですが。。

 

ワンポイントアドバイスしますね。

よく、ぎっくり腰になると1週間寝込むみたいな方が、けっこういますよね。

 

しかし

たしかに、痛いときは安静と私も説明します。腰を大事に安静に。と、ね。

ですが

腰痛があり身体を動かさないでいると脊髄循環が悪くなったり

筋肉も低下して、その結果、「こり」が生じたり背筋の柔軟性無くなったりします。

 

そして

炎症により痛みが生じていて、血液循環つまり血流が低下していて痛みの物質が血管に排出されず

痛みが治りません。

 

安静によりかえって腰痛を悪化させる悪循環と言われ始めております。

痛みがあつても無理しない範囲で動いたほうが良いとされています。

 

当院では、外国と日本でのこの説明について微妙な言い方しますから

根拠ある文章で患者さんには説明しますけどもね。

 

金子整骨院

川口市本蓮1-16-12

048-286-3112

 

 

カテゴリー:症状

坐骨神経痛について。。。

坐骨神経痛を伴うものには

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など。。

 

それと

坐骨神経痛のなかに急性の坐骨神経痛のタイプがあり

 

いわゆる神経根性疼痛と思います。

 

麻痺や膀胱直腸障害(神経根なので無いはずですが。。)なければという前提で

 

50%が6週間で良くなると。。。急性発作から回復と。。。

 

私は、これを急性と言わずに突発性の坐骨神経痛と説明している時もあります。

 

そしてそれに付け加えて言えば

 

何だか分からない坐骨神経痛でるのは脊椎の宿命と思っております。

説明のつかないものだと。。

 

以上の2タイプの坐骨神経痛については

 

当院では、常に患者さんに説明していることです。

 

もちろん、根拠のある内容であるから説明しています。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

腰椎椎間板ヘルニア

腰部のヘルニアで多いのは

腰の骨は、5個からなりますが

腰の4番と5番の間と5番と仙骨の間のヘルニアがほとんどです。

ですから、腰の下の部分で発生します。

 

まあ、飛び出しただか、生まれつき飛び出していだかで、神経を圧迫し

臀部~太腿の裏~ふくらはぎの裏側と表側(内側上部の一部を除く)~足趾まで。

これが坐骨神経痛になります。

 

では稀ですが

腰の上の方のヘルニアは?

下位腰椎ヘルニアの坐骨神経に対して

上位腰椎ヘルニアは太腿神経が関係します。

 

この神経のシビレ、痛みは。。

先程の坐骨神経の部分でないところです。

つまり

鼠径部周辺~太腿前側~膝の膝蓋骨~脛骨(スネの内側上部一部)に神経痛が出ます。

 

腰椎のヘルニアは、下位腰椎どの場合がほとんどにて坐骨神経のみと思われがちですが

 

それだけではないは無いですね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

踵(かかと)の痛み。。対応について

以前に踵の痛みについての足底筋膜炎について書きましたが

 

これも含めての対応について。。。

 

今回は、踵の骨折についても踵の痛みとして。。

 

まず、踵の骨折は、高所より落ちたりして踵がつぶれてしますのは

 

手術だったり入院だったりで痛み残りやすいんですが。

 

そんな重症でない骨折ならばの内容としますね。

「まぁ、それでもある程度対応同じですが」

 

踵の骨折で固定期間が終わりギプスなりギプスシーネを外し

 

リハビリ開始しますが

 

なかなか踵の痛みはとれないです。

 

それと、ブロック塀などから飛び降りたりして

 

踵をついて痛めて腫れがあり、レントゲンでも異常無い。

いわゆる踵の打撲ですよね。

 

しかし、腫れが残り痛みが残っている場合も踵をつくと痛い。

 

足底筋膜炎、踵の骨折でも打撲でも厄介な部分です踵は。。

 

人間、歩行には踵から着地してからつま先に体重移動しますから踵が痛いと。。

 

歩くたびに、足をつくたびにい痛いんですからね。

 

踵でなく、つま先からつくとスネや膝を痛めたり、かばった反対側の脚に痛みがでたりします。

 

では、処置や対応は踵にクッションや土踏まずのアーチ部分に足底板を入れると良いと思います。

 

もちろん治療も必要は言うまでもありませんよね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

カテゴリー:症状

化膿性股関節炎についてです。

この股関節炎は、聞きなれないと思います。

赤ちゃん、乳幼児に多いとされています。

それは、抵抗力、免疫力が整っていないために罹りやすいと。。

 

股関節に細菌が、ここに何かの原因で入り込みやすいんです。

 

原因は、進入原因は3つで

 

ひとつは

骨髄炎が、太ももの骨の部分の股の付け根部分にあり、膿が骨髄に流れ出る。

二つめは

抵抗力弱い為に気道性感染などから血行性に細菌が、全身にまわり股関節に到着し増える。

まぁイメージとしては、扁桃腺などから入るみたいなことです。

 

三つめは

医原的なもの。

 

ごめんなさいね。小難しいですね。

 

では、どんな時が危ないのか書きますね。

 

これと言って倒れただとか原因の無いのに

 

歩くのが、足を引きずりながらになる。

脚をほとんど動かせない。

 

一番は、発熱です。37度だとか38度の熱です。

通常 38度の高熱だと言われています。

 

触ると痛みを強く訴える。まぁ、痛がりの子もいますから個人差ありますが。。

 

そして、これら症状が、だんだん悪くなっていく場合です。

 

難しく言うと増悪する。

 

 

赤ちゃんの場合は

 

おむつ、パンツ交換時に、脚を開くとき閉じるとき嫌がったり泣いたりした時ですかね。

 

文章で書くと簡単ですが

 

幼児の股関節周辺は、脂肪が多く「ぷよぷよ」していて腫れているか難しいですよね。

言い方悪いですが、ボンレスハムみたいな「ぱんぱん」した「ぷよぷよ」。。。な感じ。。

 

話は、違いますが、この「ぷよぷよ」感は、肘が脱臼していれる時に厄介なんです。

 

触り難いし。。だから、どこが骨だかわかり難いんです。

 

ゆえに、ご家族の方が股関節を見分けは難しいかも知れませんね。

 

もうひとつ

 

絶対では無いですが、つま先が外を向いている場合があります。

 

この疾患の面倒なことは、厄介のことは

 

免疫力の無い乳幼児ゆえに、骨、軟骨が成長しきってなく未熟ゆえに

 

股関節に感染した膿が、圧力かけてしまうと骨、軟骨を変形させてしまう事が。。。

 

その影響は。。

 

 

もう察しがつくと思いますが

 

小さい子供ゆえに、たいへんな後遺症を残すということです。

 

そして、話は前後しますが

 

レントゲンで判断するのですが、初期の段階は、レントゲンで判断できない場合も。。

 

なによりも痛みや質問に対して、性格に表現できない乳幼児や赤ちゃんなんだから

 

聞き取るのも難しいです。

 

だから、お母さん、お父さん達が、先程の注意することを「察知」することです。

これもアバウトですが。。。

 

検査は医療機関でレントゲン、エコー、採血など。。

そして、注射で膿を抜いて調べる。。。これはたいへんなんです。

 

当院では、足を引きずって歩く等で来院する子供には

 

体温計で測定しますし、発熱の有無を問診で聞き出します。

 

もし、このブログでこの股関節炎で来院と思ったらならば

 

私も専門医に紹介します。

 

紹介状が必要になりますから、できればでいいんですが

 

朝、9時から治療時間なんですが、8時半位までに電話連絡して貰えると助かります。

 

電話での回答でなく症状を聞くことですがね。

 

この化膿性股関節炎は、簡単の病でないと思って下さい。

 

あっ、厄介なのは、この疾患に罹ったらですよ。

 

なんでもかんでも厄介なものでは無いですからね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

1 / 5123最後

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ