ページの先頭です

院長ブログの一覧

交通事故被害者の方へ

不幸にも交通事故に遭ってしまい、当院に治療来ようと相手方の保険会社の担当者に連絡すると整骨院に通院は、ダメだと言われたと訴える患者さんいましたね。

まあ、このような発言の担当者は少ないんですが。。。。むしろ素晴らし人が大半ですよ。

 

こんなときは、早めに金子整骨院に来院下さい。私が、相手保険会社担当者に、その場で連絡します。そして、治療開始しましょう。一緒に頑張って早く痛みを楽にしましょう。

そして、何も相手担当者と争うつもりでこれをかいていません。交通事故で痛い患者さんを救済のためのパートナーと思っています。

個人情報保護法よりさきに、守秘義務を学生時代に整形外科医の先生に教わり、節度ある対応は心がけてしますけどもね。

結論は、どこで治療受けるかは、患者さんあなたの自由と言うことなんです。

 

川口の交通事故治療 金子整骨院 川口市本蓮1-16-12 048-286-3112

カテゴリー:院長ブログ

介護福祉士国家試験

1月26日 日曜日は、介護福祉士国家試験の日です。

介護関係従事者の人は、国家資格です是非とも取りましょう。そして、誰の為でもなく自分の資格ですからね。

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センターで介護予防運動指導員資格取った時に、介護スタッフさん達と実習しました。

みなさん、腰が痛いと言っていましたね。離職率高い職種ですからね。

 

従業期間 1095日 従事日数 540日満たしてないと受験不可能です。と言うことは、その期間頑張って働いたから受験出来るんですからね。

うちの介護スタッフも数名 介護福祉士試験受験します。

全国で受験される方は、沢山いるとおもいますが、一人でも多くの合格者出ることを願っています。

 

西沼バス停 4分 川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112 交通事故 むち打ち治療は、当院へ

カテゴリー:院長ブログ

紫外線消毒について

おしらせで紹介したように

当院では、治療時に患者さんに着ける低周波等のスポンジ(導子)を夕方のスタッフ達で

1個、1個丁寧に洗浄しています。

今年から、洗浄のみならず紫外線機器購入し消毒も追加いたしました。

 

そして、ベットの枕部分の顔が着くところは、テッシュー敷いたり、ひとりひとり終了すれティシュー交換し、その部分をアルコールつけたタオルで拭きます。

患者さんによっては、ご自身でタオル、ハンカチ持参しベット敷く方もいます。

それと、スリッパも紫外線消毒導入しています。

 

川口市本蓮1-16-12  金子整骨院 048-286-3112  新郷農協バス停3分  見沼用水沿い

 

カテゴリー:院長ブログ

糖尿病 高血圧  膝痛 腰痛

糖尿病 高血圧を当院で治すなんて、とんでもない意味でなく。

糖尿病、高血圧、高コレステロールなどで、主治医に食事制限&歩行や運動指示されいる方が、多くいらっしゃいます。

その人達が、膝、腰痛で歩行、運動できないと上記病名の検査数値が悪くなるとおもいます。

実際、当院にも該当する患者さん多く来院されています。

それと、膝、腰痛 それに加えて骨粗鬆症により、ほんの少しずつ歩行距離、外出減ったり、動作緩慢になっていくものです。それが、要介護に近ずいていくと言います。

脅かすつもりでなく。言いたいことは膝、腰の痛みを「どうせ治らない」と放置しない事と思います。

このブログみて、アッと思った方は、金子整骨院へ

 

新郷農協 徒歩3分 川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112

 

 

カテゴリー:院長ブログ

行政書士先生とのタイアップ「交通事故について」

1月8日に行政書士スタッフさんが、当院に来ていただき、いろいろアドバイス受けました。

うちの家内の親戚にも行政書士いて、交通事故後遺症をさらっと聞いたことは、あるんですが。

今回のように、じっくりアドバイス受けたのは、初めてですし、とても勉強になりました。

 

そして、来月の接骨師会会合が、大宮ソニックシティにてあり、交通事故の当局との係わりを

聞いてこようと思います。

もうひとつ会合は、整形外科医M先生の集まりあり、接骨院の先生も多数集まります。

そこでは、食事しながらM先生と事務長兼ねる奥様と話できますので

交通事故などアドバイス承りたく思っています。

それもこれも、行政書士さんと接点あったからです。

交通事故でご相談は

川口市本蓮1の16の12 金子整骨院 048-286-3112

カテゴリー:院長ブログ

1月12日「金子整骨院杯」空手の星和会館で 

上記の星和会館顧問を20年位している関係で3回目の金子整骨院杯主催させてもらいました。

この場では、空手について云々でなく怪我について書きます。

例えば、空手マンなら相手のボディを連打した時、球技系の選手ならボールをぶつけて突き指し

捻挫したとしますね。

2週間固定し2週後に固定外し痛み無くなり治ったと思い競技再開しますと、患部の靭帯など不安定で再負傷しやすいです。固定除去し、復帰後2~3週間位患部は、気をつけて下さい。

選手の皆さんは、練習内容、反省や目標などを稽古日誌みたいなものに書いていたら

怪我についても記入しては?

怪我で選手生命短くなったり成長妨げられたりしますからね。しかし、怪我を恐れていては、スポーツはできませんしね。まして社会人は、怪我で会社休めないです。

早めの治療しカテゴリー違ってもスポーツをエンジョイしましょう。     金子整骨院は応援します

カテゴリー:院長ブログ

膝の負担へらすには「ある程度年齢の方の膝の場合」

体重支える関節は、股関節、膝関節、足関節です。

ある意味腰も体重支えますが、今回は、除外し考えますね。

歩行には、「膝の痛み」で説明したように膝が、一番負担かかる構造です。

膝の負担減らすには、肥満解消し太もも周辺の筋力アップすることです。

体重減らしたは良いが、筋肉減らしては、ダメですね。筋肉は脂肪の3倍の重さですからね。

30歳頃より年間 1%ないし2%もの筋肉が、失われていきます。

当院では、腫れがあるときは、冷やし。炎症落ち着いてきたら、遠赤外線で温め硬くなってる

膝周辺の筋肉をマッサージし患者さんに合わせて筋力アップしていきます。

5年後、10年後 元気に生活するには、膝を治しましよう。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院  0482-86-3112  本蓮町会々館 斜め前

カテゴリー:院長ブログ

自損事故や加害者は、治療できますか?   答え 確認必要です

任意保険加入の方

ご自身の契約、条件のしっかり確認して下さい。自損事故、加害者の場合も保険で治療可能なことあります。

ひどい痛みあるのに、加害者だから悪い。。。。と我慢したり、あきらめてるケース多いですが、身体の不調をそのままにすると、

さらに悪い状態になってしまうこともあります。もう一度、言いますが、任意保険加入の方は、契約、条件確認を確認して下さい。

 

 

しっかり治療して快適な生活に戻ることが、大切だと思います。

カテゴリー:院長ブログ

同乗者にも自賠責保険使えるの?   答え 使えます

助手席、後部座席の人も自賠責保険使えます。  意外と知らない人が、多いのが助手席、後部座席の方の交通事故での治療についてです。

普通に自賠責保険使い治療可能です。

運転者と違い、助手席、後部座席の方は、まったくも予想外の間に、衝突され衝撃を受けるので、身体の痛みは

運転者の方よりひどい症状の出る場合があります。

運転者は、停止中ハンドル握り、周囲を気にして注意しています。同乗者は、けっこうリラックスして座っているので、こんな時に

ふいに、衝突されれば首や背中、腰などに痛み出ますよね。

 

同乗者の人でも自賠責保険使えますから、痛み、つらい不調を改善しましょう。

川口市本蓮1の16の12 金子整骨院 電話048-286-3112

カテゴリー:院長ブログ

もしも交通事故に遭われ被害者になったら

交通事故で被害者になられたら、普通に生活出来ていたのが、ままならず、大変苦労されると思います。もし、交通事故に遭ったら事故直後から適切な対応が大切です。

まずは、警察に通報です。警察に通報しないと、この事故証明発刊されず、通常は保険金も支払われないです。小さな事故で警察通報しないで、内々で示談で済ませる人もいますが、トラブルのもとです。通報してください警察へ。

また、携帯電話のカメラなどを利用し、できるだけ多くの現場写真撮影して下さい。記憶の鮮明なうちに、現場 事故状況等をメモ下さい。

目撃者いたら名前&連絡先を聞く。事故の相手からは、名刺を受け取り、相手方の住所、氏名

電話番号確認し、契約保険会社も聞いて下さい。それと、相手方の自動車ナンバーは、絶対

メモ忘れずにして下さい。ご自分の加入保険会社にも連絡すると良いです。

警察備え付けの申し込み用紙使用し、自動車安全運転センターに交通事故証明書を請求し獲得下さい。 事故で痛い場合は、早く当院へ来て下さい。

事故との関係が曖昧になってしまうことがありますからね。当院へ転院も可能ですよ。

カテゴリー:院長ブログ

26 / 27先頭252627

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ