ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 院長ブログ > 脱臼っていろいろあるんです

脱臼っていろいろあるんです

脱臼と聞きますと

 

小児の肘の脱臼の肘内障。

動く角度(可動域)が広いので筋肉で囲まれているので起きやすい肩関節脱臼

あくびなどで起こる顎関節脱臼

鎖骨の脱臼。。。などが思い浮かぶでしょうか?

 

これは、関節の骨が「外れる」脱臼です。

 

まぁこれが一般的です。

 

その他はあるのかといえば。。あります。

 

ひとつは、神経の脱臼です。

 

代表的なのは、肘の内側の尺骨神経の脱臼です。

肘の曲げ伸ばしをすると肘の内側で神経が、ぼこぼこみたいな感じで外れるので判明します。

 

もうひとつは、腱の脱臼です。

 

足関節の外くるぶしの部分で腓骨腱という腱が、くるぶしの下から外れることです。

 

腱の脱臼には、指の拳の部分。。ナックルの部分とでも言いますか。。

 

そこで起こります。

 

指を「グーパー」するとグーの握る動作して、パーの開く動作をすると伸筋という腱が脱臼します。

 

この部分の腱脱臼は、1週間過ぎると。。放置すると手術の可能性が「大」です。

 

早めの処置必要です。来院下さい。

 

腱脱臼には、手の小指側の手関節部分の尺側手根伸筋腱という

 

まぁ長い名前ですね。この腱が脱臼もあります。

 

ふたつとも伸筋腱という伸ばすほうの腱が脱臼するわけですね。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

カテゴリー:院長ブログ

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ