ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 症状 > 脊柱靭帯骨化症について

脊柱靭帯骨化症について

これは、ある野球関係者の人が発症した病名ですね。

 

その名のとおり、脊柱はブロックのような椎骨が重なり構成されて出来ています。

 

椎骨は、体部の椎体と羽みたいな突起部の椎弓からなります。この間を脊柱管がとおり

 

神経が通っています。(脊髄)

 

椎体の前は、前縦靭帯。 後ろは、後縦靭帯。椎弓をつなぐのが黄色靭帯。

 

この靭帯が、骨化してしまうことです。

 

頚椎に起こりやすいです。

年齢は、40歳代以上。。

家族に同じ病名のある人がいる人。

糖尿病がある人。

まぁ、いやな統計なんですが。。日本人に多い。。

 

靭帯の骨化あっても症状でない人も多いですが、徐々に症状現れる場合もあります。

 

転倒などの衝撃が原因で悪化をすることがあります。ただしくは、発症のことがあります。

 

一番面倒なのは、この傷病名の脊柱靭帯骨化症と頚椎ヘルニアの合併するのが

 

厄介と思っております。

 

 

 

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

西沼バス停 徒歩4分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ