ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 症状 > 広範脊柱管狭窄症って

広範脊柱管狭窄症って

腰の部分の狭窄症のみならず、頸椎部分なびに胸椎にわたって広い範囲に狭くなり

神経が圧迫される病です。

 

一般的に言って、頚椎、胸椎、腰椎のいずれか2箇所以上で脊柱管の狭窄が認められます。

そのときに広範脊柱管狭窄症と診断されます。

 

狭窄の部分は、個人差がありさまざまですが

 

頚椎と腰椎の狭窄が合併が、約70%と言われております。

60歳代の人に多発し国から難病に指定されています。

 

症状は、手足のシビレや痛み、間欠性ハ行が現れます。

腰椎部に狭窄されていなければ、当然といえば当然ですが、足腰の症状は現れません。

 

川口市本蓮1-16-12

金子整骨院

048-286-3112

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:症状

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ