ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 症状 > 大腿外側皮神経痛について

大腿外側皮神経痛について

この神経は、皮膚の知覚をつかさどる神経にて、脚、足が上がらないとか、筋肉が痩せていくみたいなことはありません。

この神経の担当します領域は、太ももの中央部で外側と側面の部分です。

どうして起こるか?

腰椎の2番、3番から出ているこの神経が骨盤の前側の内側を通過して股関節のソ経靭帯の下をくぐったところで縫工筋の間に

出てきます。そして、靭帯と筋肉の狭いスペースで、この神経が絞めつけられて発生します。

原因は、肥満、ガードルや下着、妊娠、コルセットの絞めすぎや窮屈な小さいズボンなどで、ソ経部を圧迫して起こると言われております。

症状は、太もも外側、前面に焼け付くような感覚、痛み。などなど。。。。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院 048-286-3112 新郷農協 徒歩4分

カテゴリー:症状

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ