ページの先頭です

トップページ > 更新情報の一覧 > 院長ブログ > 膝の負担へらすには「ある程度年齢の方の膝の場合」

膝の負担へらすには「ある程度年齢の方の膝の場合」

体重支える関節は、股関節、膝関節、足関節です。

ある意味腰も体重支えますが、今回は、除外し考えますね。

歩行には、「膝の痛み」で説明したように膝が、一番負担かかる構造です。

膝の負担減らすには、肥満解消し太もも周辺の筋力アップすることです。

体重減らしたは良いが、筋肉減らしては、ダメですね。筋肉は脂肪の3倍の重さですからね。

30歳頃より年間 1%ないし2%もの筋肉が、失われていきます。

当院では、腫れがあるときは、冷やし。炎症落ち着いてきたら、遠赤外線で温め硬くなってる

膝周辺の筋肉をマッサージし患者さんに合わせて筋力アップしていきます。

5年後、10年後 元気に生活するには、膝を治しましよう。

川口市本蓮1-16-12 金子整骨院  0482-86-3112  本蓮町会々館 斜め前

カテゴリー:院長ブログ

地図イメージ

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ