ページの先頭です

腰痛について

腰痛について

腰痛に関係するリスクのある人とは
1.運動不足の人
2.喫煙をする人
3.以外にも肥満体質の人は微妙みたいです。

相関関係のある文献論文は多くないみたいです。
とはいえ、過度の肥満は健康生活、運動不足について十分な対応が必要と思っています。

注意深い問診、身体所見(検査)で、危険信号を察知し脊柱の重篤な疾患を 見落とさない事が、もっとも大切と思っています。

ぎっくり腰について

ぎっくり腰

軽い荷物を持ち上げた時に、靴下を履く時に簡単な動作で「グッキッと」クシャミ、洗顔などの前屈みをして「グッキッと」 などなど。

日常の普通なありふれた動作で、姿勢で発症するギックリ腰。
このギックリ腰も実は、原因不明なんです。

長期の安静は良くないと。
数日間で痛みが良くなったら安静にしないで少しずつ運動を始めて下さい。

腰椎椎間板ヘルニアについて

背骨〔脊柱〕は、椎骨が縦に重なって形成されています。
椎体と椎体の間に挟まれているのを椎間板といいます。
この椎間板の中心にゼリー状の「髄核」があり、その周囲を「繊維輪」という丈夫な組織が取り囲んでいます。

椎間板は、背骨にかかる衝撃や体重を緩和するクッションの役割をしています。
この椎間板に強い圧力加わったり、繊維輪の弾力性が低下すると、破れたりひび割れた「髄核」が飛び出すことがあります。これが、椎間板ヘルニアです。

腰にでれば、腰椎椎間板ヘルニアとなります。
腰椎は5個の椎体から成り立っています。

こんな人に多い

前屈みの姿勢で長い時間の作業する
座り続けることが多い
腹筋、背筋が弱い、肥満になっている

好発年齢

だいたい10代~70代でしょうか

症状としては

お尻臀部~足の先までシビレや痛み。
ソ径部~太もも前面~スネ内側上部にシビレや痛み。
1990年代から、ヘルニアは3ヶ月から6ヶ月で症状落ちつくので保存療法が主流です。

15年くらい前に腰の専門医には、無症状の人でも画像診断で5割の人にヘルニアありと教えられましたが、最近は、3割の人にありと文献ありますね。
その他は、ヘルニアはいっぱいありますので、受診時にお答えします。
医学的根拠の文献で説明しますね。

最近の医学的根拠ある一言は「腰痛は怖くない」ですかね。

脊柱管狭窄症

ご高齢の人に多くみられます。
背骨の変形等により背骨の中を通る神経、血管が圧迫されて起こります。
神経根型 馬尾型 混合型に分類されます。

最も特徴的な症状は間欠跛行という「こま切れ」の歩き方。
歩いていて、シビレ、痛みなどの症状でて歩行を止めます。
しかし前屈みなると楽になり歩行を再開できます。
間欠跛行は、閉塞性動脈硬化症もあります。
その他は、この狭窄症についてもヘルニア同様に文献を示して説明します。

腰椎分離症

背骨は、椎骨が積み重なって構成されています。
その後ろに椎間関節という上関節突起と下関節突起の間に分離ができる、つまり、離れてしまうことです。

原因は、生まれつきの人も稀にいますが、ほとんどは子供の頃にスポーツなどの長期間繰り返し負担がかかり「疲労骨折」と考えられています。
少年期から熱心に部活などに頑張った人に多くみられます。

脊椎すべり症

積み重なってできている椎骨が、前方または後方のどちらかにズレが生じた状態。

腰痛・ぎっくり腰でお悩みならば、
ぜひ、金子整骨院に御相談下さい。

腰痛の治療についてQ&A

レントゲン、MRI等で異常無しなんですが、腰がいたいのですけども

そうですね。腰痛は、何と85%原因不明ですからね。
このあたりの説明も持論ではなく根拠ある文献等で説明します。
心因性腰痛の関係からも説明もありえますからね。
問診、身体所見を診てから症状を説明しそれから治療します。

腰の牽引をして貰いたいのですが。

はいできますよ。
しかし、急性期で炎症症状強い場合など牽引可能かは、私が、判断しますね。

コルセット、ゴムバンドは、売って貰えますか?

はい。

腰痛の治療の流れ

STEP 01 問診

問診表に記入して貰います。
そして、痛む部位や症状、痛めた状況を詳しくお聞きします。

STEP 02 状態のチェック

実際に身体を診て状態を調べます。
この身体チェックは、重要視しております。

STEP 03 状況の説明

写真、文献、模型を使用して身体の状況説明いたします。
日常生活の注意点も説明いたします。

STEP 04 治療スタート

症状、状態にあったベストな治療をいたします。

STEP 05 治療終了

会計となります。
健康保険の負担額にあわせてお支払い下さい。
労災の方は、原則窓口料金負担は無いです。

腰痛の治療をされた患者さんの声

患者さんの声102

  • 【性別/年齢】 女性(54歳)
  • 【職業】介護職
  • 【症状】 ぎっくり腰

以前にも通ったことがあり、今回、職場でぎっくり腰を発祥しました。職場近くの整形外科で診てもらいましたが、その後の施術は金子整骨院と決めて通っています。
この声の詳細を見る

患者さんの声95

  • 【性別/年齢】 男性(32歳)
  • 【職業】会社員
  • 【症状】 腰痛

腰痛がひどく来ました。腰の色々な説明をしっかりしてもらい安心して先生にまかせられます。
家からも近く先生もいい人なのでイイ病院がみつかりました!
この声の詳細を見る

患者さんの声86

  • 【性別/年齢】 女性(49歳)
  • 【職業】 介護福祉士
  • 【症状】 ぎっくり腰

激痛で上半身をまっすぐにする事が出来ず、歩行も困難。
電気治療と先生からの説明を受け、一安心。
この声の詳細を見る

患者さんの声45

  • 【性別/年齢】 女性(32歳)
  • 【職業】 会社員
  • 【症状】 腰痛

昔から度々お世話になっていますが、アットホームな整骨院で、とっとも通いやすいです。
この声の詳細を見る

患者さんの声41

  • 【性別/年齢】 女性(19歳)
  • 【職業】 学生
  • 【症状】 腰痛

金子整骨院さんに診て頂き、アドバイス等を教えて頂きました。痛みがだいぶ良くなりました。
この声の詳細を見る

患者さんの声38

  • 【性別/年齢】 男性(17歳)
  • 【職業】 高校生
  • 【症状】 腰痛

院内の方々は皆さんとても優しく、ケアもしっかりとしていて、おかげ様で今はとても楽になりました。
この声の詳細を見る

地図イメージ

川口市の口コミ整骨院!

金子整骨院

【住所】埼玉県川口市本蓮1-16-12
【アクセス】西沼(バス停) 下車、徒歩約4分
本蓮町会会館前
【お問い合わせ】
048-286-3112

※土曜午後、日曜、祝日が定休日です。
>>メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ